2010年08月31日

鼻の手術をしてもいいですよ。

鼻の手術の日が近づいてきた。
ウイルス性の腫瘍があるのです。

鼻くそがとれないぞ!!!
ぼりぼり〜〜
そんな時期を経て、
いつのまにか、腫瘍となっていました。
鼻くそではなかった。

今日は、アラモアナビルディングの中にある
耳鼻科に行って、
手術をすることに関して了承をする旨のサインを
してきたのです。

そして、こんどの金曜日、手術なのです。
わははははは〜〜〜
手術だぁああああああ〜〜〜〜
わーい、鼻に注射されるぅ〜〜
麻酔だ、わっしょい、わっしょい〜〜
体にメスが入る。

こわい・・・。
posted by 牛汁(うしじる) at 08:48| Comment(1) | ハワイ徒然日記

2010年08月30日

逃した日曜日

夕方、ワイキキの
oahu surfというコンドミニアムの
オープンハウスを見に行こうと思っていたのでしたが、、、、

昼すぎて、なんとなくプールサイドに行って、
読書をしていて思い出した。
でも、今何時なんだろう。
そういえば、時間を全然気にしていなかった。
どっかで、時間を気にしたはずだ。
あ〜あの時ふと、何時かの記憶があった。
でも、今何時なんだろう。

そして、携帯電話がなった。4時半になっていた。
オープンハウス、行く気持ちはなくなっていた。
残念!


posted by 牛汁(うしじる) at 13:22| Comment(1) | ハワイ徒然日記

2010年08月29日

わくわく不動産

今、アメリカの貸し出し金利は、
ここ100年の中でも、一番安い。
お金を借りることは好きではない。

でも、そんなに安いなら、
借りたほうが得のような気がしてならない。そして、
4-5年後に、逃げるのです。

アラモアナホテルの
コンドテルは、即金で買おうと思ったのだけれど、
あまりにもEXPENSEがかかることがわかったので、
やめた。
どのくらいかかるのか?

あまりにもかかるので、
ここに記録しておこう。

ある部屋を購入したとしましょう。
room no.A

稼働率と、ルームrateと、密接に関係してきます。

稼働率もあまりよくないですね。
7月末で、60%達してない。
ルームrateも、$110達してない。

そんな状況の中で、
@hotel service fee (部屋Ano収入の10%)
Arental operation expenses (部屋Ano収入の50%がく〜(落胆した顔)
BComp Room Fund $40/monthly
Cunit interior maintenance fund $12.50
Dinsurance
Emaintenance & repair
Fmicellaneous

以上、outriggerに支払うのです。

これとは別に、
電気、水道、ケーブルといった
管理費 maintenance feeが、毎月$600と、
不動産税 proparty taxが、毎月$180かかります。

7月までの月平均コストは、
@〜Fで、$1200
maint fee+taxで、$780
合計で、$1983かかるわけです。

そんでもって、
7月までの月平均の部屋の売り上げは、
部屋にもよるのでしょうが、
今回、狙った部屋は、$2024でした。

ということは、毎月$40しか利益が出ないのです。
金利0.48%ということになりますがく〜(落胆した顔)
あり得ない投資です〜〜。

だから、身近な場所で、
marine surf waikikiを狙うことにしました。

これはよさそうな気がします。

S&P500のインデックスファンドを解約する手もあるが、
米国株式市場がよくないので、
そのままにしておきたい。
だから、話は戻りますが、
銀行から借りるというのも手なのかもしれない。

なぜ、ここで急ぐのか。
中国人が、ハワイの不動産を狙っているからです。
もう、相当動き始めている。
あと、4-5年かけて、中国人が物色して買ってしまうのです。
だから、今から中国人と同じ動きで買いまくるのです。
そして、半歩手前で売りまくるのです。

わくわく〜〜。




posted by 牛汁(うしじる) at 07:13| Comment(1) | ハワイ徒然日記

2010年08月26日

正午の読書

ひさしぶりに、昼12時ごろから、
プールサイドに出てみた。
暑いのなんのって、
気温じゃなくて、
日差しが暑い。

だから、日陰のテーブルといすのあるところで、
読書。そしたら、睡魔が遅い、寝てみた。
目が覚めたら、おっぱいの上に、
よだれが5cmほどたらーっ(汗)
そして、自然に乾くまで、また読書。

ワイキキの天気も、いきなり雲が出てくることがある。
今日はそんな日でした。
1時ぐらいには、一面が雲に覆われて、
適度な日差しになりました。

posted by 牛汁(うしじる) at 11:08| Comment(0) | ハワイ徒然日記

2010年08月25日

アラモアナホテルへの投資、ぶぶ〜

アラモアナホテル、
ホテルコンドのしくみが、よーくわかった。
ここは絶対に買ってはいけない。
どうしょうもないくらい投資効率が悪い。
買う意味がない。
何のために買うのか?
節税対策か?
まったく意味がありません。だから、ここの物件は、
山ほどリスティングに出ている。
posted by 牛汁(うしじる) at 14:16| Comment(1) | ハワイ徒然日記

2010年08月24日

気になると目覚めが早い。

めずらしく、昨日は夜更かし。
11時ぐらいまでおきていた。
でも、なにか胸騒ぎがした。

あ〜やっぱり。
日本の野田が、緊急会見。
そして、さらに円高。
NY市場は、$10000割れ、、、、

こういうとき、なぜか早く目が覚めるんだよなぁ。

もうじき911。
2001年9月11日の朝も、
いつもはテレビなんて見ないのに、
この日は、何か予感がしたんだよなぁ。

そしたら、飛行機がビルに突っ込んでいたがく〜(落胆した顔)
このときは、ディスカバリーベイに住んでいた。
ここもツインタワーじゃないか。。。。とか思った。

ちょっとした感なのか?たまたまでしょう。
まぁ、いずれ知るんだから、どうってことないのですが。
まだ、ワイキキは暗い。
でも、coffee〜。

今日は、アラモアナホテルの
一部屋、わーい(嬉しい顔)購入のオファーいれますだぁ。
posted by 牛汁(うしじる) at 23:58| Comment(0) | ハワイ徒然日記

一度きりの人生。

従業員を雇用して、今の会社をどうするか?
任せられれば、それにこしたことはないんだけれど、
任せるって、かなり難しいんだろうなぁ。
やってしまっても、そのつけがあとでまわってくるんだろうし。
清算するのがいいのか?

ハワイでというか、アメリカに住むには、
ビザがグリーンカードをどうするかだなぁ。
ここが一番の問題だなぁ。
その後の生活も、重要だけれど、
これは、なんとかなるし、なんとかしなくてはいけない。
相手次第ってこともあるし。

日本に会社があるんだから、
ハワイに子会社を作って、Lビザで駐在して、
Eビザをワンクッション入れて、グリーンカードの申請まで
もっていくというプロセスも考えられる。

でも、この場合、
日本の会社の規模も関係してくるんだろうなぁ。

やっぱり、結婚がいちばんてっとり早いんだろうなぁ。
王道だろうなぁ。。。

しかし・・・
しかし・・・
どうしたらいいのでしょ〜〜
posted by 牛汁(うしじる) at 16:26| Comment(0) | ハワイ徒然日記

ハワイに住むということ

海外に旅行に行って、
あるいは、仕事で行って、
その土地が気に入ったから、
そこに移り住む。

あるいは、日本を嫌いになる。
日本を逃げたくなる。
そして、そのためには、ほかに住む場所を
探さなくてはいけない。それが、日本に近いハワイだった。
すごしやすいハワイだった。

後者は、けっこうネガティブな考え方?
おいらは、後者なのです。

でも、それって、本当のことなので〜〜す。
posted by 牛汁(うしじる) at 16:11| Comment(0) | ハワイ徒然日記

パンツを発注しました。

パンツがぼろぼろになってきたので、
そして、
暑い夏で大変だろうと思って、
残暑お見舞いも兼ねて、
母親に電話電話した。

足元が元気でない母親は、co-opで買い物をする。
そのカタログというのがすごいのです。
何でもあり状態。
ここの男物の下着は、けっこう自分に合うんだよなぁ。
そして、そろそろくたってきたので、
電話オーダーしたのでした。

「もしもし、おふくろさん、
牛汁です。日本は暑いみたいだね。元気?
ところで、
co-opのパンツLサイズ、5枚、柄はなんでもいいです。」
がく〜(落胆した顔)ガチャ!

なんてわけがなく、
日本の政治はどうだ、
貸しているマンションの冷房が壊れた、
近状が更地になった、
親戚のだれかが、病気になった、
しゃべりまくっていた。
それを聞いてあげたのでした。

おいらのパンツは船船便で今年中には届くでしょう。


posted by 牛汁(うしじる) at 16:03| Comment(0) | ハワイ徒然日記

2010年08月23日

それでも、本を読む

昨日読んだ本は、
梁石日(ヤン・ソギル)「闇の子供たち」。
どうすることもできない他国のお話でした。

amazon.comで、世の中の読後感を見たりするのですが、
自分と同じ感想を持っている人がいることに、
意外だったり、ほっとしたりとするのです。

今年は、何冊読むんだろう。
親父が、晩年相当数の本を枕元において、
読みまくっていたのを思い出す。
もしも生きていたら、今までに、
相当読んだことになるだろうな。
たまにどんな本を読んでいるんだろうと、
見たことがあるけれど、
難しそうなタイトルばっかりだったのを
覚えている。

それに比べて、おいらの読む本というのは、
かなり通俗本かもしれない・・・。
それでも、本を読むことで、
おやじの気持ちが少しはわかる気がする。
posted by 牛汁(うしじる) at 05:37| Comment(0) | ハワイ徒然日記