2006年08月28日

殺意があるかないか?

幼い子供三人が亡くなってしまった。
飲酒運転の最高刑20年。

日本の刑法って、
結果に対してではなく、殺意があったかなかったか?
ましてや、交通事故に限っていえば、
殺意はなかっただろうし。

遺族はやり切れん。
この加害者、死刑にしてほしいもんだ。
更正のための刑の執行ではなく。
罪を償うための執行にしてください。
法務省どの。。。。

日本って罪に対して甘いし、
抑止力が全然ない。

花火を家に向かって打っても、全然平気。
懲役30年ぐらいにしたら。

posted by 牛汁(うしじる) at 17:08| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。