2010年02月04日

0203日本の友人の死

日本時間2/3、夕刻6時50分、
友人のK君は亡くなってしまいました。

今年の1月前半に、頭の疾患で倒れてしまいました。それから
26日間、回復を祈りましたが、
福澤先生と同じ命日にお休みになってしまいました。

K君は、2008年夏にハワイに遊びにきてくれたのです。涙がとまりません。今は止まっていますが。
自論は人はいずれ死ぬ、死んだらすべて終わり。
でも、その意味と今回の友人の死は違うのです。

他人の死と自分の死は違う。そしてあまりにも
早い死でした。
だから、いつ死んでもいいように、死と向き合うのです。

だめだ、つらすぎる。
posted by 牛汁(うしじる) at 16:21| Comment(0) | 友人知人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。